障がいのある学生へ

新着ニュース


「企業の採用担当者による面接体験会&就職相談会」を開催しました
12月16日(金)大同生命保険株式会社にご協力をいただき、企業担当者による
面接体験会&就職相談会を実施しました。

詳細はこちら


「障がい者採用について詳しく知るための仕事・職場・働き方説明会」を開催しました
10月17日から21日にかけて企業13社が参加する企業説明会を開催しました。
参加企業の詳細については以下の特設ページをご確認ください。
特設ページはこちら

アーカイブ配信を視聴をご希望の方は下記までご連絡ください。(トランス・コスモスのみ動画配信無)
【問合せ先】キャリアサポート担当
mail:career-support@mail.doshisha.ac.jp
tell:075-251-3310

「障がいや持病があっても安心して働き続けるための配慮事項の伝え方セミナー」開催しました
キャリアセンターのホームページに「障がいや持病があっても安心して働き続けるための
配慮事項の伝え方セミナー」の動画が公開されています。
配慮事項について事例を挙げた解説がされていて皆さんの今後の生活に役立つ内容です。
動画の他にレジュメ・ワークシートも公開しているので、セミナーを見逃した方も
是非ご自身を理解するためにもワークに取り組んでみてください。

動画の視聴はこちらから

1. 障がい者雇用の現状

 2021年3月1日より、法定雇用率の改定により、民間企業が2.3%、国・地方公共団体が2.6%、都道府県などの教育委員が2.5%へと引き上げられました。近年は、企業において男女、外国人、障がい者、世代と言った異なる要素により創りだされる違いを尊重して受け入れその違いを積極的に活かそうとする動き(ダイバーシティ)があり、障がい者の雇用に熱心な企業も増加しています。これらの企業は、人物評価を行った上で、能力を活かせる部門に配属しています。まず、「できること」「できないこと」「就業するにあたり配慮が必要なこと」をよく相談し、自分の障がいと向き合い就職活動を行いましょう。
 キャリアセンターでは、障がいのある学生が能力を活かせる仕事に従事できるように企業に働きかけるとともに、障がいのある学生を積極的に採用している企業を案内しています。
また、障がいのある学生の就労支援に関する個別相談も実施しています。

2.就職を考えている方にまず覚えておいてほしいこと

■障がいがあることを伝える(オープンにする)かどうかを考えましょう
障がいがあることを伝える(オープンにする)ことで採用選考や就業時に配慮をいただくことができます。
オープンにするかどうか迷ったらキャリアセンターに相談してください。

■「障がいをオープンにして就職する = 障がい者枠で就職」?
企業により、総合職、一般職、障がい者枠・・・と採用する方法はさまざまです。
障がいをオープンにするから障がい者枠しかない、と思い込まずに、積極的に求人情報を探しましょう。

■「障害者手帳」が必要です
障がい者枠の求人に応募するためには、「障害者手帳」が必要です。
「障害者手帳」については、市区町村の担当部署(福祉課など)に問い合わせてください。

■自己PRや企業分析をしっかり行いましょう
一般的な就職活動と同様に、自己PRや企業分析が重要です。また、自分がどのように働きたいのか、働き方をイメージすることも大切です。キャリアセンターをうまく活用して一歩一歩準備しましょう!

■就業にあたって配慮・サポートしてほしい内容を明確にしましょう
配慮・サポートの内容について医療機関や主治医と相談するほか、以下のような点を紙に書き出すなどして、自分でも整理しましょう。
 ・ 障がいの特性上苦手なことは何か?
 ・ 採用選考や就業時に配慮してほしいことは何か?

3.キャリアセンターの支援内容

インテーク面談

個別相談

・エントリーシートの内容確認や面接練習はe-careerから予約してください。
 個別相談の利用

・障がいに関連する就職相談については、電話またはメールで連絡してください。担当職員が対応します。
 電話番号:075-251-3310(キャリアセンター今出川校地)
 メール :career-support@mail.doshisha.ac.jp(キャリアサポート担当)

「キャリアサポート通信」

障がい学生の就職活動に役立つ情報をメールで配信します!
学内外のイベント情報、おすすめ求人など、最新ニュースや見落としがちな情報をタイムリーに配信します。
(配信は不定期です)
配信・配信停止の受付はこちら

障がいや持病のある学生のための就職・進路ガイダンス

障がいや持病のある学生のための就職・進路ガイダンスを開催しました!
安心して働き続けられる職場を見つけるために大切なことや、
障がい者採用の正しい情報、障がいや持病のある先輩方の様々な就職活動の事例など、
障がいや持病の有無にかかわらず、就職活動に対して疑問や苦手意識のある学生にもお勧めします。
オンデマンド配信はこちら

2021年度に開催した「障がい学生向け就職ガイダンス」のオンデマンド配信は、こちらから視聴できます。

障がいや持病のある学生のための学内企業説明会

障がい者採用について詳しく知るための仕事・職場・働き方説明会を開催しました!

10月17日から21日にかけて企業13社が参加する企業説明会を開催しました。
参加企業の詳細については以下の特設ページをご確認ください。
特設ページはこちら

アーカイブ配信を視聴をご希望の方は下記までご連絡ください。(トランス・コスモスのみ動画配信無)
【問合せ先】キャリアサポート担当
mail:career-support@mail.doshisha.ac.jp
tell:075-251-3310

4.発達障がいのある学生の就職

発達障がいのある方にとって、就職活動は大変なことが多いことと思います。
発達障がいのある方のうち、「精神障害者保健福祉手帳」を取得している方は障がい者を対象とする求人に申し込むことができます。

手帳の有無に関わらず、スチューデントダイバーシティ・アクセシビリティ(SDA)支援室、カウンセリングセンター、キャリアセンターが連携してサポートしています。悩みごとがある時は相談に来てください。

5.障がいのある学生の就職・就労支援機関、就職情報サイト(学外)

6.学外イベント情報

キャリアセンターに届いた学外で実施される障がい学生を対象とした就職関連情報を紹介しています。
なお、こちらに掲載されていない情報がe-careerに掲載されている場合があります。
必ずe-careerも確認するようにしてください。

インターンシップ・仕事体験関連

情報一覧はこちら

会社説明会・採用情報関連

情報一覧はこちら