キャリア形成 プロジェクトの紹介

「働く」と「人生」は似ている。

実社会で必要な能力を身につける。

キャリア形成プロジェクト

学生生活を終えると、多くの人が社会に出て働くことになります。働くことは文化的な生活を送るために、最も大切な活動の一つ。つまり「働く」について学ぶことは、自分の「人生」について考えることに似ているのです。大学におけるキャリア形成とは、社会で働く上での準備にあたります。

キャリア形成プロジェクトでは、「主体的に行動でき、社会倫理を備えた活力人材を育てる」ことを目的としています。例えば、設定したテーマをもとにプロジェクトを始動し、学生にすべての管理を任せます。このような取り組みの中では、座学で学ぶことの少ない、リーダーシップや社会的な立場でのコミュニケーション能力、自己管理能力を身につけることができるでしょう。


公募型キャリア形成「プロジェクト科目」
日本初の取り組みで、学生のキャリアを育てる。

同志社大学の新しい教養教育の柱となるのがプロジェクト科目。これは地域社会や企業の方々から公募したプロジェクト型テーマを、少人数形式で課題の達成や問題解決に取り組むという日本初のプログラムです。講師はもちろん外部の方にお願いし、社会の生きた知恵や技術を学び、さらに「現場に学ぶ」視点を育みます。プロジェクトの遂行を通して、普段の座学では得ることが難しい総合的な人間力を身につけることができます。

今年度の例としても、「体感型コンテンツの企画・運営を通じた実践的キャリア形成教育」、「F1を作ろう!」など興味深いテーマが多数設定されており、社会を意識しながら自分を磨くことができるでしょう。

過去(2007年度)の主なキャリア発見セミナー

「社会・企業・仕事の変化」

(講師:松下電器産業(株)グループ採用センター所長 国土 真也氏)

「企業の求める人材」

(講師:同志社大学 嘱託講師 神谷 雄績氏)

「新時代のキャリア開発—起業精神」

(講師:デジット(株) 代表取締役社長 舩川 治郎氏)

「社会のために、自分のために —NPO、NGO、公共企業で働く」

(講師:NPO関西国際交流団体協議会 河合 将生氏)

主なキャリア形成プロジェクト

キャリア開発と学生生活(学際科目)

主な内容
「いまなぜ仕事と生き方を考えなくてはならないのか」、「キャリアとは何か—ライフスタイルと仕事」など

公募型キャリア形成(プロジェクト科目)

主な内容
体感型コンテンツの企画・運営を通じた実践的キャリア形成教育

ページの先頭

今出川校地キャリアセンター
〒602-0023 京都市上京区烏丸通上立売西入御所八幡町103 寒梅館2F
TEL (075) 251-3310 FAX (075) 251-3067

京田辺校地キャリアセンター
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷 1-3 ローム記念館3F
TEL (0774) 65-7016 FAX (0774) 65-7017