こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. キャリアセンターホーム
  2.  > キャリアセンターの支援体制

キャリアセンターの就職支援

就職は、大学生活の総括やゴールではなく、社会人としてのスタートです。同志社大学では学生に対して、社会で「働く」ことの意味を認識し、在学中に学んだ知識、抱いた関心の延長線上に将来プランを築き、その中で学生自らが将来の人生設計を見据えた高い視点に立ち、主体的に進路選択をしてほしいと願っています。

自分の将来設計を考える

トータルな職業観を育成するため、1・2年次生の時からキャリア形成支援課目の正課授業科目と連動して、社会で働くことの意味を多角的に考えるきっかけとなるように「キャリア発見セミナー」を行っています。また、学生が在学中に企業や自治体において就業体験を積むことにより、自分の将来設計を考える契機とすることを目的としたインターンシップも、低年次生から全学部生を対象に実施しています。1・2年次生対象のキャリア体感プログラム(職場訪問)から、主に3年次生を対象とした正課授業「キャリア形成とインターンシップ」へと、学生の発達段階に応じたインターンシップによるキャリア形成支援を実施しています。これらの制度は、就職のためではなく、教育的な観点を重視しています。

計画的できめ細かい就職支援

3年次生の秋学期から始まる実際の就職活動のバックアップについても、綿密な年間スケジュールを組み、さまざまなプログラムを行っています。

秋学期開始時には第1回就職ガイダンスを実施。就職活動への具体的な準備をスタートさせキャンパスで開催される各種セミナーを通して、あるいは先輩たちの活動事例を集めた「就職活動体験記」やOB・OG訪問などを通じて、業界・企業研究を深めます。

また、公務員志望者をサポートするために国家公務員(総合職・一般職・専門職)や地方公務員のセミナーを開催しています。

3年次生を対象に「公務員講座」を開設しています。国家公務員総合職・一般職・地方上級・国税専門官コース等を開講し、合格のためのフォローアップ制度も充実しています。

個人面談を重視

こうしたサポートとともに、学生との個人面談もキャリアセンターの大きな役割です。学生からの活動状況の報告や相談に対して適切にアドバイスします。企業経験豊かなキャリアアドバイザーも配置し、本学で学んだ知識をどのように生かすか、社会でどのような自己実現をめざすか、一人ひとりの希望・特性にふさわしい就職の実現をめざしてサポートを行っています。

多様なニーズの高まりに応えて

職種を限定した求人や、一般的な採用時期以外での求人が増加していますが、これらは企業の人事方針の変化とともに、その要請に応えられる人材として本学の学生が期待されているといえます。

高い就職実績

これらの就職支援の結果、98.3%という高い就職率を維持しています。就職内定アンケートでは、全学部学生の90%以上が、内定先に「大いに満足」「満足」と答えています。また、企業からも本学学生に対して高い評価を得ています。

このように本学の就職状況には高い実績がありますが、これは、学問分野と進路を狭く限定したり、企業の規模や知名度だけにとらわれず、あくまでも学生自身の関心や価値観を大切にした進路選択を支援してきた結果です。自由な校風の中で自立した精神を大切にする本学の指導方針、そして何より、卒業生の各界での活躍と評価が産業界に広く定着し、毎年の高い就職率につながっているのです。

また、国家公務員総合職・一般職、国税専門官、地方自治体などに就職する先輩も多く、国内外を問わず各分野で高い評価を得ています。

キャリア形成支援
IT時代にふさわしい情報提供システム

近年、就職活動に関する情報は激増しています。本学では、情報システムの有効利用を通して情報化時代の就職活動を支援しています。

特に、キャリアセンターが開発したキャリア支援システム「e-career」は、学内で実施する各種セミナー情報・求人・採用試験情報、就職活動体験記情報、採用状況アンケート情報、学生一人ひとりの就職希望と求人募集のマッチング情報の提供など、キャリアセンターの独自情報を提供する最新のWebシステムで、就職活動の貴重なツールとなっています。掲載される企業のデータ件数は約20,000、求人件数は年間約5,900社。自宅や外出先からも24時間アクセスできます。

就職支援の2つの拠点

関西企業に偏ることなく、東京本社の企業への就職が目立つのも本学の特徴です。就職支援のために大阪と東京に「同志社大学大阪サテライト・キャンパス」「同志社大学東京サテライト・キャンパス」の2つの拠点を設けています。